お知らせ

令和3年4月からすべての企業に「パートタイム・有期雇用労働法」が適用されます

2020年12月1日

令和3年4月1日から「パートタイム・有期雇用労働法」が中小企業に適用されます。
企業の皆様におかれましては、法に沿ったご対応をお願いいたします。
取組みにあたっては、以下の手順を参考としてください。

1.
法改正の目的とポイントを理解しましょう。

法改正の目的とポイントについては下記をご覧ください。
〇リーフレット「パートタイム・有期雇用労働法が施行されます」
https://www.mhlw.go.jp/content/000543664.pdf
〇パート・有期労働ポータルサイトの解説動画
https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/reform/

2.
法改正の具体的な内容を理解しましょう。

不合理な待遇差の解消の考え方、同一労働同一賃金ガイドライン、待遇差の説明義務のポイント、不合理な待遇差を判断する際の枠組みや留意点など、改正の具体的な内容については下記をご活用ください。
〇「パートタイム・有期雇用労働法説明会&個別相談会」への参加
https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/goannai-20201016.html
〇パンフレット「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル(業界共通編)」
(第1章 パートタイム・有期雇用労働法の解説)
(第2章 不合理な待遇差を点検検討する枠組み、留意点)
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000494537.pdf
※次の業界については業界別の点検・検討マニュアルがあります
スーパーマーケット/食品製造業/印刷業/自動車部品製造業/生活衛生業/福祉業
〇同一労働同一賃金ガイドライン
https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000469932.pdf

3.
待遇(賃金、賞与、各種手当、休暇制度等)を点検し、
問題があれば検討しましょう。

自社の賃金や賞与、各種手当、休暇制度等の現状を下記の資料を参考に点検・検討します。
〇パートタイム・有期雇用労働法等対応チェックツール
https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/shindan2/
〇パンフレット「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書」
https://www.mhlw.go.jp/content/000656094.pdf
〇「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル(業界共通編)」
(第3章 具体的な点検・検討手順)
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000494539.pdf
「基本給」の点検・検討には
〇職務評価を用いた基本給の点検・検討マニュアル
https://www.mhlw.go.jp/content/000496880.pdf

4.
計画的に見直しをすすめ、見直しにあたっては支援策を活用しましょう。

点検・検討で判明した課題について、法施行までに必要な見直しに取り組みます。
見直しに当たっては、下記の支援策がありますので、ご活用ください。
〇山形働き方改革推進支援センター
非正規社員の待遇改善に向けた賃金規程の見直しなど、事業主のご相談に対し社会保険労務士などの専門家が無料で支援を行います。
http://山形働き方改革推進支援センター.site/
〇キャリアアップ助成金
非正規社員に適用される賃金規程の増額改訂や正社員との共通の賃金規程や諸手当制度の新設等を行う事業主に対して助成する制度です。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html