お知らせ

家庭 子育て ふりかえってみませんか ④

2021年2月16日

県教育委員会では、事業所等を訪問して「家庭教育出前講座」を実施しています。
今回は、「ジブラルタ生命保険株式会社 山形支社 米沢営業所」で実施した様子をご紹介いたします。相手に伝わるように話すポイントや、仕事と子育ての間にほっとするような暮らしのヒントについてお話していただきました。

◆講 演
演題「伝わる言葉と暮らし ~Kotoba-to-Kurashi~」
講師 県家庭教育アドバイザー 高橋 まゆみ 氏

キャスターとして、ニュース番組などを担当された後、現在はフリーアナウンサーとして活躍する一方、山形新聞「やまがた再発見」などの執筆活動でもご活躍中です。「言葉の力」「話し方」「食の力」「おもてなしの心を育む日本のマナー」等のテーマでご講演をされています。

◆内 容
○言葉のレシピ-伝わる言葉-
相手に伝わるように話すこと。
→早口言葉のような言いにくい言葉は声を低くゆっくり話す。
●相手の話、特に子どもの話を聞くときは、その目線に立って耳を傾ける。
●相手の話の先を読んで決めつけないことが大事である。
●1秒、1分は意外と長い。
●怒りを抑えるための6秒→好きな言葉を6秒唱えてみる。
○暮らしのレシピ
テーブルに花を一輪飾るだけで周りが華やかになる。
●箸置きを使うことで箸使いがきれいになる。
○東日本大震災での警官と9歳の少年の話から
コロナ禍で大変な日々が続いているが、他人のことを思いやれる人になってほしい。

◆感 想
◇会話の中の1秒や1分の感覚は、思っているより長いことを教えていただきました。家事などで子どもと向き合う時間が少なくても、1日の中でせめて1分間は話を聞いてみることを心がけたいです。
◇言葉の使い方、食に関するイメージを上げる、これだけで人生が豊かになるような気がしました。

◇令和2年度「家庭教育出前講座」開催した事業所等(R3 1月現在)
●村山地区交通安全対策協議会(寒河江市)
●新庄市役所職員労働組合(新庄市)
●総合型スポーツクラブさけがわ友遊C’Love(鮭川村)
●山形教育用品株式会社 置賜支店(南陽市)
●ジブラルタ生命株式会社山形支社米沢営業所(米沢市)
●藤島地域青少年育成協議会(鶴岡市)

来年度も実施予定です。
実施希望があればお近くの教育事務所社会教育課にお問い合わせください。

◇申し込み・問い合わせ先
●村山教育事務所社会教育課 TEL(0237) 86-8274 FAX(0237)86-8263
●最上教育事務所社会教育課 TEL(0233) 29-1441 FAX(0233)23-5573
●置賜教育事務所社会教育課 TEL(0238) 88-8242 FAX(0238)84-5700
●庄内教育事務所社会教育課 TEL(0235) 68-1983 FAX(0235)66-3015