お知らせ

【厚生労働省委託事業】ハラスメント対策に取り組む中小企業を専門家が支援します!

2021年8月2日

2022年4月1日より中小企業においても、パワハラ防止対策が義務付けられます。
「職場におけるハラスメント対策総合支援事業」では、ハラスメント対策に取り組む中小企業をサポートするため、専門家によるハラスメント対策の実施についての具体的なアドバイスや企業内研修等を行います。是非ご活用ください。

対 象 ハラスメント対策に取り組む中小企業
期 間 2021年6月~2022年2月末頃(個別に調整)
概 要 ① 専門家によるコンサルティングの実施
専門家(社会福祉労務士等)が、ハラスメント対策に関するヒヤリング、取組のご提案・アドバイス、取組後のフォローアップ等を行います・
② 企業内研修の実施
企業が効果的にハラスメント対策を実施できるようにするため、パワハラ・セクハラ・マタハラ等の予防・解決の取組のポイント、取組事例、相談対応方法などについて解説します。管理職・一般従業員向け研修ほか、相談窓口担当者向け研修、人事部門向け研修も実施可能です。
実施方法 原則としてオンライン(Zoom等)
※ ご希望により、対面でのアドバイス・研修が可能な場合もあります。
費 用 無料
定 員 600社程度(定員に達し次第、募集を締め切ります。)
申込方法 ホームページよりお申し込み下さい。

◎チラシはこちら(PDF)

【ホームページはこちら】
https://www.tokiorisk.co.jp/news/2021/2021harassment.html

【お問い合わせ】
職場のハラスメント対策総合支援事業事務局
電 話:03-3217-5777(平日9:30~17:30)
メール:harassment-taisaku@tokiorisk.co.jp
※本事業は、東京海上ディーアール株式会社が厚生労働省より、受託・運営しています。