お知らせ

11月は「労働保険未手続事業一掃強化期間」です

2021年11月1日

一人でも雇ったら、労働保険(労災保険・雇用保険)の加入手続きが必要です

労働保険とは労災保険と雇用保険の総称で、労災保険は労働者が業務上の事由又は通勤が原因で負傷した場合等に必要な保険給付を行う制度であり、雇用保険は労働者が失業した場合等に労働者の生活や雇用の安定を図るための給付を行う制度です。

令和2年度末現在で約337万事業に達していますが、現在においても小規模零細事業を中心に、なお相当数の未手続事業が存在しているとみられ、このことは、労働保険制度の健全な運営、費用の公平負担、労働者の福祉の向上等の観点から極めて重要な課題となっており、早急な未手続事業の解消が求められています。

厚生労働省では11月を「労働保険未手続事業一層強化期間」とし、全国において集中的な活動を展開し、各種事業主団体、個別事業主への訪問指導等を強化し、事業主へ制度の概要を説明することにより、自主的な手続を促しています。

◆趣旨と実施事項(PDF)