お知らせ

家庭や子育てのこと ふりかえってみませんか

2022年1月4日

家庭や子育てのこと ふりかえってみませんか

県教育委員会では、事業所等を訪問して「家庭教育出前講座」を実施しています。
今回は、「山形教育用品株式会社 置賜支店」で実施した様子をご紹介いたします。コロナ禍における家庭と職場でのモチベーションの保持の観点から、心の回復力を高めるためのポイントを学びました。

◆講演
演題「レジリエンス(精神的回復力)を高めるための職場づくり」
講師 県家庭教育アドバイザー 黒田 三佳 氏
北欧デンマークで暮らした後、旅行で訪れた米沢に魅せられ家族で移住しました。現在は、人材育成アカデミーローズレーン代表・里山ソムリエ・山形大学工学部非常勤講師、国際交流協会会長等、様々なところでご活躍中です。
<元(株)日本航空国際線客室乗務員 東京都出身>

◆内容
○レジリエンスの言葉の定義
→ここではレジリエンスを回復力と捉えることとする。
○コロナ禍ではあるが、今できることを考えてみる。
→自分一人で判断するのではなく、誰かに相談して科学的根拠を持って進んでいくこと。思いやりの気持ちを忘れないように。
○回復力のある人の特徴を考える。
→自分軸がある人、いろんなことを楽しんでいる人、家族を大切にしている人、励ますことができる人、いつも笑顔の人など
○まとめ
→家庭や職場では調和を大切にする。家庭の安定が働く意欲にもつながる。
→レジリエンス(回復力)を高められる職場とは心理的安定性と人間関係が良好なプロ集団である。

◆感想
〇講演を聞いて、より良い家庭、職場づくりに努めてまいりたいと思いました。
〇ダメージを受けたものは、なかなか元に戻らない。心もダメージを受けたら元に戻りづらい。今できることを周りと調和しながら行い、生活と心にゆとりをもっていこうと思いました。

◆開催案内(PDF)


家庭生活や子育て、家庭教育について考える場を設けてみてはいかがでしょうか。
詳しくは、お近くの教育事務所(社会教育課)までお問い合わせください。
●村山教育事務所社会教育課 TEL(0237)86-8274 FAX(0237)86-8263
●最上教育事務所社会教育課 TEL(0233)29-1441 FAX(0233)23-5573
●置賜教育事務所社会教育課 TEL(0238)88-8242 FAX(0238)84-5700
●庄内教育事務所社会教育課 TEL(0235)68-1983 FAX(0235)66-3015