お知らせ

「トライアル雇用」について

2022年3月1日

事業主向け
トライアル雇用助成金のご案内
「トライアル雇用」は、職業経験の不足などから就職が困難な求職者等を原則3か月間試行雇用することにより、その適性や能力を見極め、期間の定めのない雇用への移行のきっかけとしていただくことを目的とした制度です。
労働者の適性を確認した上で無期雇用へ移行することができるため、ミスマッチを防ぐことができます。事業主の皆さまには、「トライアル雇用求人」を積極的に提出していただくようお願いします。
令和3年2月からは、コロナ禍の特例として、未経験職種へのチャレンジを希望する離職者の方もトライアル雇用の対象となりました。ぜひご活用ください。
◎チラシ(PDF)

労働者向け
「トライアル雇用」に応募してみませんか?
「トライアル雇用」とは、働いた経験が少ないことや知識・スキル不足により就職に不安がある方などが、期間の定めのない雇用への移行を前提として、原則3か月間、その企業で試行雇用として働いてみる制度です。
トライアル雇用の期間中は、仕事や企業について理解を深めることができ、また、労働基準法などの法律が適用され、賃金も支払われます。
令和3年2月からは、コロナ禍の特例として、未経験職種への就職を希望する離職者の方もトライアル雇用の対象となりました。
あなたもトライアル雇用に応募して、期間の定めのない雇用へチャレンジしてみませんか。
◎チラシ(PDF)

厚生労働省ホームページ「トライアル雇用」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page06_00002.html

詳しくは、都道府県労働局・ハローワークへお問い合わせください。