お知らせ

ハラスメント対応特別相談窓口を開設しました!

2022年12月6日

山形労働局では、雇用環境・均等室に
ハラスメント対応特別相談窓口を開設しました!
開設期間:令和4年12月1日(木)~令和5年3月31日(金)
働く人も、企業の担当者も、ご相談ください!

セクシュアルハラスメント(セクハラ) とは
職場において、性的な冗談やからかい、食事やデートへの執拗(しつよう)な誘い、身体への不必要な接触など、意に反する性的な言動が行われ、拒否したことで不利益を受けたり、職場の環境が不快なものとなることをいいます。
パワーハラスメント(パワハラ)とは
職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、労働者の就業環境が害されること(精神的・身体的苦痛を与えること)をいいます。
妊娠・出産・育児休業・介護休業等を理由とする不利益取扱い、および
妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメントとは
妊娠・出産したこと、育児や介護のための制度を利用したこと等を理由として、事業主が行う解雇、減給、降格、不利益な配置転換、契約を更新しない(契約社員の場合)といった行為を「不利益取扱い」といいます。
また、妊娠・出産したこと、育児や介護のための制度を利用したこと等に関して、上司・同僚が就業環境を害する言動を行うことを「ハラスメント」といいます。

このほか・・・
◆ 就職活動中の学生などからのセクシュアルハラスメントに関する相談
◆ 取引先や顧客からのカスタマーハラスメントに関する相談
◆ パワーハラスメント対策等防止対策の実施方法
・・・などのご相談にも対応します。
 チラシはこちら(PDF)

〒990-8567 山形市香澄町3丁目2番1号 山交ビル3階
山形労働局雇用環境・均等室 TEL 023(624)8228