お知らせ

10月は「年次有給休暇取得促進期間」です

2019年10月1日

年5日の年次有給休暇(有給)の確実な取得が始まっています。
各企業では、来年度の業務計画等の作成に当たり、従業員の年休取得を十分に考慮するとともに、年休の計画付与制度の導入を検討しましょう。
※個々の労働者については、2019年4月以降、新たに年休が付与された日(基準日)からの適用になります。
(年休が10日以上付与される方が対象です。)

〇労働基準法が改正され、年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが義務付けられました。年次有給休暇の計画的付与制度を導入しましょう。
「年次有給休暇の計画的付与制度」(以下「計画的付与」という。)とは、年次有給休暇の付与日数のうち5日を除いた残りの日数について、労使協定を結べば、計画的に休暇取得日を割り振ることができる制度です。

〇時間単位の年次有給休暇を活用しましょう。
年次有給休暇の付与は原則1日ですが、労使協定を結べば、年5日の範囲内で、時間単位での取得が可能となります。

※詳細は下記リーフレットを御参照ください。

【リーフレット(PDFが開きます)】