助成金・制度

【募集開始しました!】平成31年度(令和元年度)山形県業務改善奨励金について

2020年3月2日

生産年齢人口の減少など、県内企業の人手不足は深刻化しており、いかに少ない人数で効率的に仕事を行うかが課題となっています。
一方で、人材の確保・定着を図るためには、労働者の待遇を改善していくことも重要です。

本奨励金は、設備投資などの生産性向上の取組み(=業務改善)と事業場内最低賃金の引き上げ(=労働者の待遇改善)を行う企業に支給し、支援するものです。

◎概要
生産性の向上のための設備投資や従業員の人材育成・教育訓練による業務の効率化などの取組みを行い、事業場内最低賃金を30円以上引き上げた場合に支給します。

◎対象事業者
時給あたりの事業場内最低賃金が820円以内及び事業場規模が30人以下の事業場であること
※令和元年10月1日より、山形県内最低賃金が時給当たり790円に改正されたことに伴い、対象となる事業場内最低賃金も変更となりました。

厚生労働省の業務改善助成金の受給があること
助成事例:受注管理システムの導入、POSレジの導入、業務改善コンサルティングの実施 など
(業種ごとの具体的な助成事例は、こちらをご覧ください。)
山形労働局管内に事業所があること

◎支給額

引き上げ対象人数 県奨励金上限額 【参考】
業務改善助成金上限額
(厚生労働省)
小規模事業者 中小企業事業者
1~3人 33.3万円 25万円 50万円
4~6人 46.6万円 35万円 70万円
7人以上 66.6万円 50万円 100万円

◎手続き及び支給までの流れ
下のチラシを御参照ください。
平成31年度(令和元年度)業務改善奨励金チラシ

(クリックするとPDFが開きます)

◎お問い合わせ先
山形県雇用対策課 正社員化・働き方改革推進室
TEL 023-630-2388
(業務改善助成金についての詳細は、山形労働局までお問い合わせください)