助成金・制度

非正規雇用労働者の正社員化・所得向上の取組みを応援します!【対象者拡大】

2020年5月1日
 

≪ お 知 ら せ ≫

■令和2年3月16日以降の申請から取り扱いが変わりました!
 (1)申請内容を確認するため、県の職員が皆様の事業所を訪問します。
 (2)その際に、奨励金の支給対象者の身分証明書(写)を提出いただきます。

■就職氷河期世代の方を正社員転換した場合、定額を加算します!
                                     (加算対象:令和2年4月以降の転換)※就職氷河期世代……令和2年4月1日時点
              大卒は38歳から44歳、短大卒は36歳から44歳、高卒は35歳から44歳

     有期雇用から正社員に転換した場合 1人当たり 10万円
     無期雇用から正社員に転換した場合 1人当たり  5万円

山形県では、若者の正社員化と、非正規雇用労働者の所得向上を一体的に推進し、購買力のある中間層を増やしていくため、平成29年度より、奨励金(「正社員化促進事業奨励金」「所得向上促進事業奨励金」)を支給しています。
この奨励金は、厚生労働省(ハローワーク)の「キャリアアップ助成金」に上乗せして支給するものです。
皆さまの積極的なご活用をお願いいたします。

◆奨励金の概要◆

≪正社員化促進事業奨励金≫
・50歳未満の県内に在住・勤務する非正規雇用労働者を正社員に転換し、6か月間継続雇用した場合に奨励金を支給します。
・令和2年4月1日以降、就職氷河期世代の方を正社員に転換した場合、定額を支給します。
≪所得向上促進事業奨励金≫
 非正規雇用労働者の賃金を2%以上増額改定し6か月以上適用した場合又は正社員と共通の
職務に応じた賃金規定を作成して6か月以上適用した場合に奨励金を支給します。

※いずれも、県内の事業所に勤務し、県内に住所がある非正規雇用労働者に対して実施するものに限ります。

◆支給の要件◆

  • 厚生労働省の「キャリアアップ助成金」が受給されたこと
    (取組みの実施前にキャリアアップ計画を作成し、ハローワークへ提出する必要があります。)
  • 取組みの実施が平成29年4月1日以降であること
    (所得向上促進事業奨励金賃金規定等改定コースのうち一部の非正規雇用労働者を対象とするものについては平成29年8月1日以降)
  • 山形労働局管内に雇用保険適用事業所があること

◆申請に必要な提出書類◆
令和2年3月16日から様式が新しくなりました。

  1. ①転換等実施報告書(正社員化)又は 所得向上等実施報告書(所得向上)
    ・正社員転換や所得向上の取組みから60日以内に提出してください。
  2. ②奨励金支給申請書(内訳含む)及び誓約書
    ・キャリアアップ助成金の支給決定の日から30日以内に提出してください。
  3. ※キャリアアップ助成金の支給申請書の写し(ハローワークの受領印があるもの)を添付
  4. ※キャリアアップ助成金の支給決定通知書の写しを添付

報告書の様式等⇒山形県ホームページにてダウンロードできます。

◎チラシはこちら(PDF)

【詳しくはこちら】
⇒山形県ホームページよりご確認ください。

【お問合せはこちら】
山形県産業労働部雇用対策課 正社員化・働き方改革推進担当
TEL:023‐630‐3245・2554