【お知らせ】技能実習生の技能検定に関する注意点について

 

技能実習生の

技能検定に関する注意点

 

技能実習生の在留期間が半分を過ぎる前までに、外国人技能実習機構へ受検申請の連絡をしてください

〇技能検定は、在留期間が終了するまでに受検・合格しなければなりません。

〇受検手続が遅れた場合、在留期間終了の直前にしか試験日が設定できず、不合格となった場合に再受検が受けられなくなったり、場合によっては試験日が確保できず、そもそも受検できなくなったりするおそれがありますので、ご注意ください。

 

リーフレットの留意事項を確認し、検定内容に即した技能実習と、検定試験のための準備をしてください。

〇技能検定、特に実技試験については、試験の実施に当たり機材の準備、試験会場の確保等、受検申請手続開始から試験まで一定の時間が必要になります。

〇技能実習生の技能検定を確実に行うため、リーフレットを参考に、余裕を持って受検手続、及び準備を進めていただきますようお願いいたします。

 

【リーフレット】

 

【詳しくはこちら】
 ◆厚生労働省HP「技能実習生等向け技能検定の概要」
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/
 ability_skill/ginoukentei/kisokyu.html

2018.10.23:[お知らせ]

やまがた労働情報

  1. 労働関係制度
  2. 各種助成金等
  3. 労働相談Q&A
  4. 労働相談受付
  5. 労働相談窓口
  6. リンク集
WEB労働やまがたバックナンバー メールマガジン労働やまがた やまがた労働情報 労働ハンドブック
当サイトへのお問い合わせについて
山形県商工労働部 雇用対策課  〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号 TEL.023-630-2389/FAX.023-630-2376

 

totop