タグ 山形労働局 の検索結果

12月25日から山形県特定(産業別)最低賃金が改正されます!

12月25日から、山形県特定(産業別)最低賃金が下記のとおり引上げられます。 特定(産業別)最低賃金の件名 特定最低賃金額 ポンプ・圧縮機器、一般産業用機械・装置、他に分類されないはん用機械・装置、化学機械・同装置、真空 […]

令和3年度「冬の労災をなくそう運動」を展開

積雪寒冷地である山形県は、冬期間、低温や降雪、強い季節風等により、凍結や積雪による転倒災害や交通労働災害、雪下ろし作業中の屋根等からの墜落災害等、冬期特有の労働災害(以下「冬期型災害」という。)が多発することから、年末年 […]

「12月は職場のハラスメント撲滅月間」です

厚生労働省では、ハラスメントのない職場づくりを推進するため、年末に向けて業務の繁忙等によりハラスメントが発生しやすいと考えられる12月を「職場のハラスメント撲滅月間」と定め、職場におけるハラスメントに関する特別相談窓口を […]

新しい働き方・休み方を実践するために年次有給休暇を上手に活用しましょう

事業主の皆様へ 現在新型コロナウイルス感染症対策として実践している、新しい働き方・休み方をこれからも続けていくためには、計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する年次有給休暇の計画的付与制度(※1)や、労働者の様々な事情に […]

過労死等防止対策推進シンポジウム(山形会場)のご案内

過労死をゼロにし、健康で充実して働き続けることのできる社会へ 近年、働き過ぎやパワーハラスメント等の労働問題によって多くの方の尊い命や心身の健康が損なわれ深刻な社会現象となっています。本シンポジウムでは有識者や過労死で亡 […]

11月は「過労死等防止啓発月間です」

過労死等防止対策推進法に基づき、過労死等を防止することの重要性について国民の自覚を促し、関心と理解を深めていただくため、毎年11月に「過労死等防止啓発月間」を実施しています。 山形労働局では、「過労死等防止対策シンポジウ […]

10月2日から山形県最低賃金が時間額822円に改正されます!

10月2日から山形県最低賃金が時間額822円に改正されます。 使用者も、労働者も、自分の職場で最低賃金が守られているか確認しましょう。 なお、最低賃金は年齢や働き方の違いにかかわらず、全ての労働者に適用されます。 【詳し […]

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を策定しましょう!

女性活躍推進法は、女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、平成28年に施行されました。 少子高齢化により将来の労働力不足が懸念されている中で、企業としてグローバル化や人材の多様化(ダイバーシティ)へ対応する […]

「山形ゼロ災3か月運動・2021」を10月から実施 ~ 運動参加事業場を募集中 ~

誰もが安心して安全で健康に働くことができる社会を目指し、労働災害のない社会の実現に向け、経営トップが労働者の安全と健康の確保を自らの問題と再認識して「安全衛生に関する宣言」を行い、自主的な労働災害防止活動の促進を図る、事 […]

令和3年8月から「業務改善助成金」が使いやすくなります!

生産性向上のために、設備投資などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合に、その費用の一部を助成する「業務改善助成金」について、特例的な要件緩和・拡充を令和3年8月から行います。対象人数の拡大や助成上限額の引き […]

育児・介護休業等についての規定整備はお済みですか?

育児・介護休業法では、育児休業・介護休業をはじめとして、子の看護休暇や介護休暇、所定外労働・時間外労働・深夜業の制限、短時間勤務の措置等の「仕事と家庭の両立支援制度」について定めています。令和4年4月から改正育児・介護休 […]

中小企業事業主のみなさま 女性社員の活躍推進に向け両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)をご活用ください!

女性活躍推進法が改正され、新たに101人以上300人以下の労働者を雇用する事業主については、令和4年4月1日から一般事業主行動計画の策定が義務化されます。 本助成金を活用し、自社の女性の活躍推進にお取り組みください。 < […]